#1 SelectBook 「0円PR お金をかけずに顧客に愛されて売上を伸ばす方法」笹木郁乃さん

0円PR お金をかけずに顧客に愛されて売上を伸ばす方法

こんにちは、まぁみん(@mamidesign_)です。

#1 SelectBook ということで、本が大好きでよく読む私ですが、読んだ本から得たことを書いていきます。

今回、読んだ本は『0円PR お金をかけずに顧客に愛されて売上を伸ばす方法』という本。


 

 

参考 株式会社LITA

もちろん、PRを仕事にしたいとメラメラ思っている私は、以前よりいくのさんのことは知っておりましたし、こちらの記事でも書きましたが、致知出版社の「20代・30代からの人間学養成講座」にもスピーカーとして登壇されていらっしゃいました。

#1 人間学を学ぶ「致知」から得た「地方でも必要とされる特徴」

その時に赤裸々にお話される、ご夫婦のこと、会社のこと。

胸を打たれ、涙が出ると同時に、なんでここまで開示できるのだろうとも思いました。

そしてその答えも今回の『0円PR お金をかけずに顧客に愛されて売上を伸ばす方法』でわかりました。

こちらの本はSNS時代を生きる、フリーランスや企業が今からすぐに導入できることをワーク付きでわかりやすく掲載されています。

PRについても学んでいるので、あ!なるほど。こうすればいいね!と次の発展を考えることもできました。

PRをしたいと思う方だけでなく、自分のサービスを、商品を届けていくためにできることを知りたい方にもオススメしたいなと思う、そんな本でした。

今回は1章ごとに感じた事を書いていくので、2部に分けて記事をあげていきます。内容に関してはぜひ本を読んでみてください♡

Part1ではLesson1〜Lesson4までの内容に関してあげていきます。

Part2は後日、UPします♡

Lesson1 マーケティングの新常識

0円PR

ここではSNS時代の購買モデルに沿って、自分たちが何をしていくといいのか、という部分が掲載されています。

情報量が10年で530倍になっている今、あらゆる情報が記憶に残りにくいと言います。

確かに、以前、「日経ウーマン2019年10月号」で読んだ中ですごく印象に残ったキーワードがあります。

SNSで記憶に残るのは3%

これを踏まえて考えた時に、だからこそ、いい商品・いいサービスしか残らないのも当たり前で。

でも、その情報を『誰』から聞くのか、というのもすごく大事ですよね。

一時、ステマなどの話題もありましたが、きっと私たちはこの情報が本当にいいと思って書かれているのか、それとも・・・というのは判断がつくようになりました。

消費者行動モデルの『AISAS』についてどの媒体がどういった働きを満たすか、そのために私たちができることは?という部分も腑に落ちました。

こちらの消費者行動モデルの『AISAS』はSNS時代のモデルではありますが、SNS時代ではないものの私の身近なところで爆発的に口コミ力からどんどん広がっていった例を間近で見た経験があります。

まぁみん

それは私の祖母♡

彼女はまだ誰も良いと言っていなかったカスピ海ヨーグルトの菌の存在を知って、こんなに素晴らしいものはないと思い、近所の人たちに作ったもの配り、そして活用方法を教えていきました。

それが徐々に口コミが広がり、公民館の方の目に留まり、公民館でカスピ海ヨーグルトの講座を開催!

それが毎回満席になり、その評判を聞きつけた地元紙から取材され、大学教授とコラボして講義を行なった、というエピソードがあります。

まぁみん

あ!おばあちゃん、また新聞に載ってる!

なんてことも度々ありました。専業主婦が周りを巻き込んでいった結果起きたことでした。

これらの共通しているのは、『いいもの』『シェア』『ファン作り』『口コミ』という部分。

いつの時代もみんなに受け入れられるものは共通していて、だからこそ、嘘偽りなく、真摯に向き合うことが大事なんだと思いました。

Lesson2 どんな物語を?

0円PR

PRに大事なのは『実績』そして第三者の声である、という部分が載っています。

私たちがサービスや商品をお客様にお伝えする時に、

セールスマン

私どもの会社の商品はこういった特徴があります。ここがこんな風に良くて、だからどうですか?

と、どうしても『売りたい!』という思いが加速するあまりに言ってしまうかもしれない。

でも、お客様が求めていることは『その商品が自分にどう影響して、どんな未来を作られていくのか』という部分にあるんだと思います。

そこを無視したご提案はダメだ!自戒の念も込めて・・・。

またファンになってもらう要素として挙げられていたものが4つあります。

①実績

②変化

③そこから見える景色

④ストーリー

ただ、①〜③に関しては他社も同じようなことをしている可能性があります。だから大事なのが④ストーリー。

唯一無二のPRポイントになるのは、その人のストーリーはその人しかないから。

だから思うのが、無理にこじつけた差別化って不要なんだなって事。

どんなお仕事でもお客様のこのストーリーの部分を引き出していけるようになると強いし、そのためには自分のことも開示していくことも大事だなと思いました。

これは少し違うかもしれませんが、今まさにこのストーリーをリアルタイムで見せてくれるグループが嵐だと思います。

彼らが今見ている世界をSNSを介して私たちが見ることができて、Netflixを通して彼らの決断の過程を見る機会を得ています。

そこにはちょうど同年代の等身大の葛藤がリアルにあるから、共感を呼び、かつて嵐のファンだった人たちも戻ってきているのかなと感じます。

他のグループにはないストーリーですよね。こうして開示される部分がリアルで、嵐っていい!ってなる(笑)

そんな私ですが、初めてのCDは嵐のA・RA・SHI!

娘にもこんな感じの英才教育を少々・・・

まぁみん

ママが好きなのは?♡

むすめ

翔くん!!

彼女の記憶にはもしかしたら残らないかもしれない、だけど、またあの時に流れていた曲を聞く機会が何十年か後にあった時に、私は同じように娘に話すのかもしれないなと思います。

Lesson3 何を使って?

0円PR

ここでは、SNSの活用についてありました。

特にここの文章は好き♡

SNSの基本は『人の心を動かす』

どうしても完璧を見せようとしてしまう、でも本来、そこは大事ではない。

そんな表面的なものではなく、立体的なものを伝えていくことが大事。

今、SNSの運営を担当しているものもあるので、ここを見返したいなと感じました。

Lesson4 どう伝える?

0円PR

メルマガの役割、そして同じような機能をもつLINEについて、また加えてFacebookページの活用法やオンラインサロンに関して掲載されています。

また、お客さまには3つの段階があることや、自社の新商品などの初動を作るポイントに関しても詳しく解説がありました。

これを今自分に置き換えた時に、どこがボトルネックとなっているのかを照らし合わせて見ることができます。そうすることで次の戦略を練ることができる。

未来のお客様に対してもどうアプローチをかけていくのが良いのか、というのもわかります。

Lesson3もそうでしたが、SNSに使われるのではなく、いつどんな新しいSNSが誕生したとしてもそれぞれの本質を見抜き、お客様へ価値のある情報を届けていくことが大事。

そして、お客様の3つの段階に分けることができるのであれば、それぞれにアプローチの方法が違うからそこをどう動くことが大事かも学べました♡

まとめ

今回のPart1はLesson1〜Lesson4までの内容でした。

PRというとプレスリリース送って〜!というイメージはあるけれど、それをする前にできることはたくさんあって、だからこそ、プレスリリースを送るタイミングではないと思っている人にとっても学ぶことが多い本だなと感じました。

Lesson5からはより具体的な内容になっていきます!

レポは近日中にUPします♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です