浪費家だったわたしが1円貯金で1年間で100万円貯めれた理由

浪費家からの脱出

こんにちは、まみ(@mamidesign_)です。

わたし、今では投資を趣味で嗜んでいて、長期投資ラブなのですが、全く貯金できなかった過去があり、そんな自分に絶望し、大泣きしながら誓った日があります。

その日を経て、1年間で100万円を貯められるようになりました♡

そのきっかけを作ることができたのが「1円貯金」からでした。

給料日前は口座残高ゼロ!?

ストレスからお金を使いまくってました

もう、カミングアウトします。

給料日前は口座残高ゼロなんて当たり前でした。

新卒で入社した会社のお給料は、手取りで13万円。

その中でやり繰りをしないといけない中、仕事のストレスでダメ!と思いながらもお金を散財することも当たり前のようにありました。

家賃が払えない!?なんて、焦ってしまうことも実は多々あり。

また、定期預金をしつつも、解約することもありました。

だからこそ、自分自身に

「わたしは貯金ができない女」

そう、自分の中でレッテルを貼ってしまっていました。

貯金ができない女のレッテルを貼った自分がやったこと

だから、どうにかしたかったわたしは、

助けて!このままじゃやばい。
まぁみん
まぁみん

とにかく、焦った先に手を出したものは「願えば叶う」系の類のもの。

願えば叶う、これは事実だと思うのですが、行動がともなっていなかったので、

まぁみん
まぁみん
願うだけで叶うなんて、素敵♡

そんな感じで、「ただ願うだけ」で何もしなかったので、1円足りとも増えませんでした。

黄色のワンピースを手に持ち泣きながら決めたこと

まぁみん
まぁみん
こんなはずじゃなかったのに。

全然、貯金できない自分。

どうしようもなく、途方に暮れていました。

「好きなこと」を仕事にできて本当に楽しい。でも、精神的に安定せずに辛い。
まぁみん
まぁみん

その時、ふとクローゼットの中をみたんです。

そのクローゼットの中には、一度たりとも着ていない服。

なんとなく買った服。全く思い入れのない服。

そう、まさに「何となく買ったもの」がわたしの部屋の中には溢れかえっていました。

その代表格だったのが、忘れもしない「黄色のワンピース」

この「幸せを呼ぶ色」といわれている「黄色」のワンピースを手にし、大泣きしながら

 

まぁみん
まぁみん
もう、こんな自分から卒業しよう。ここで最後だ。

そう、心に決め、今の自分にとって不要なものを全て捨てました。

この日がわたしが浪費家から脱出する第一歩を踏み出した日でもありました。

1円の貯金でもOKにした

貯金ができなかった理由を考えてみた

まず、「貯金ができない女」というレッテルから卒業することからはじめました。

そもそも、貯金ができない理由を考えていくと、散財することももちろんなのですが、そもそも貯金に対するハードルが高すぎた!!

雑誌などで見る、「一人暮らしの女性はこの金額を毎月貯金しています」

こんな感じの他人からの評価を意識しすぎて、自分もこうしなきゃ!ってなりすぎていて。

今の等身大の自分でできることから始めよう♡まずは1円から貯金できるように!!
まぁみん
まぁみん

そう、こうやってまずは自分ならどうするのか、そこを考えてスタートしました♡

1円の貯金でもOKにできたなら♡

実はここの考え方が、いま、投資を趣味としていて長期投資ラブ♡で投資信託において年利10%以上をコンスタントに出せる根源につながっています。

そう、短期的に考えるのではなく、長期的目線を持って、コツコツやっていくことから始めると人はできるんです♡

当たり前なんだけど、どうしても目先の利益に踊ってしまう。

じゃなくて、1日1円でもできる自分になれたら、先の未来は変わっていくんです♡

そうすると、自分も変わります。

コンビニからスーパーへ。

お惣菜から自炊へ。

タクシー利用から自転車利用へ。

服も1着1着大切なものしか買わない。

無駄な飲み会には参加しない。

そうやって、浪費家・貯金ゼロの女から脱出していき、1年後には100万円の貯金ができるまでになりました♡

浪費家・貯金ゼロ女から脱出するために

塵も積塵もつもれば山となる♡

このことがわたし自身の自信へと変わり、そこから浪費家・貯金ゼロの女から脱出することができました。

やはり、大事なのは2ポイント

  • 目先の利益におわれないこと
  • 他人の基準は自分の基準ではないこと

この2ポイントさえ自分の心の中へ入れていけば、きっと変わっていけるのではないかなと思います。

自分に絶望した日から這い上がってきました。

短期から長期へ、このことが今の私の中でもしっかり根付いています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です